マッチングアプリの危険性は?注意点と対策を確認して安全に利用しよう

マッチングアプリを使うときに心配なのが、詐欺やトラブルですよね。

素性がわからない相手とのやりとりや出会いには、警戒が必要になります。

お金を騙し取られたり変な相手に絡まれたりするのは、避けたいものです。

この記事では、マッチングアプリを使うときの注意点と手口を方法を紹介します。

異性と安全に出会うためにも、ぜひチェックしてください。

メッセージで勧誘

悪質な業者による詐欺の手口です。

他のマッチングアプリや出会い系サイトに登録させたり、商品を買わせたりと、さまざまなケースがあります。

やりとりを重ねて信用を得てから、といたケースも多く、普段は騙されないような人でも引っかかってしまうことも…。

イベントやセミナーに誘う、儲け話をもちかけるなど、怪しいメッセージがきたら警戒しましょう。

通常のマッチングアプリでは禁止されているため、通報すれば適切に対処してもらえます。

実際に合ってから商品の購入を迫られたり、ぼったくり店につれていかれてりする可能性もあるので、信頼できない相手とは合わないようにしてください。

サクラ

サクラとは業者が雇っている業者です。

メッセージのやりとりを繰り返して、ポイントを無駄に消費させるのが主な目的。

恋愛感情をもっているかのように匂わせますが、何度やりとりをしても実際に会うことはできません。

アプリ以外のメッセージを嫌がる、いつまでたっても会えないような相手は、サクラの可能性が高いでしょう。

ただし、こういったサクラがいるのは、一部の悪質なマッチングアプリだけです。

本人確認がある大手のマッチングアプリならほぼ心配ナシ。

月額課金制の場合はポイントが不要でメッセージを送れるので、サクラは存在しません。

ストーカー

マッチングアプリで出会った相手がストーカーになるトラブルです。

さまざまな人が利用するマッチングアプリでは、危険な人物と出会う可能性を排除できません。

事件も発生しているため、安全を守るためにも十分な対策が必要です。

まず大事なのが個人情報を教えないことです。

マッチングアプリは匿名性が保たれているので、自分から教えなければ安全に利用できます。

もし変な相手に絡まれてもブロックすればよいだけです。

本名や住所、電話番号はもちろん、SNSのアカウントを教えるのも避けましょう。

ちょっとした情報でも、個人を特定される危険があります。

やりとりにはブロック機能がついているLINEがおすすめ。

実際に会った後でも、相手が信頼できると確信するまでは個人情報を隠しておきましょう。

マッチングアプリを安全に利用しよう

注意点をチェックしておけば、マッチングアプリは安全に利用できるます。

トラブルや詐欺を避けるために、対策について学んでおきましょう。

優良なマッチングアプリなら、監視や通報悪質ユーザーへの対策も十分に行っています。

ただし、相手の顔や素性がわからないので、個人情報を教えない、相手を警戒するなどの自衛も大事!相手をじっくりと見定めてから、理想の相手を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です